アーカイブ

Archive for the ‘食事と日常’ Category

さらば?サイコロキャラメル

数日前、
「サイコロキャラメル 3月末で生産終了していた」と話題になっていたので
そういや昔は食ってたな…と懐かしくなり
これを逃すともう食えないのねと、すぐさまネットショップを検索
もう在庫の無い店も有ったが、Amazonでまだ売っているのを発見
買い占めは良くないので、三ケースを注文したのが
先程届きました。

まあ結局注文確定後、程なく
全国販売は終了したけども、北海道限定で販売は継続される
というニュースの続きを知ることになったわけですが…。

DSCF8776 

けっこうなかさばり具合に
こういう買い方をする嫌なおとなになってしまったわとつくづくの自己嫌悪に陥りつつ
ふとケースに書かれた賞味期限に気づきました。
2016年12月
とのこと…早くね?

このまま保管してると口にしなそうなので
とりあえず開けてレイアウトします。

箱の説明にあるとおりに
縦置きVerと平置きVer あと一個は未開封で再度の揃い踏み記念撮影。
DSCF8777 

早速、懐かしい味を楽しませていただきました。

ちなみにこのサイコロキャラメル
現在白い方はキャラサイコロになってて
「●」ではなく数字で「1」「2」「3」~って
書いてあって、なんかもにょりますw
DSCF8781
まあ、パッケージのイラストとは
赤のサイコロのデザインも全く違うんで許容範囲っちゃそうですけども
できれば一個くらいは通常の奴も混ぜて欲しかったかなあとw

こうやってどんどんと、昭和は遠くになっていくのですねぇ…
時代に沿った名称やキャラクタイメージの変更も間違ってはいませんが
慣れ親しんだものが少し変わっているのは、寂しいことと、この歳になって理解りました。

では最後に、箱の明け方の説明書きを。
DSCF8778

てきとー和風カルボナーラうどん

ふと思い立ち、考えつつテキトーに作った
「カルボナーラ風釜玉うどん」」が美味かったので覚書

・生椎茸一個を薄切りにしたものと
酸っぱめのプチトマトを5つほど丼に入れ、
軽くマジックソルトを振って置く

・冷凍さぬきうどん一玉を電子レンジで温める

・温めている間に、生卵を容器に開け
そこに卵の3/2量ほどのパルメザンチーズをかけ
マジックソルトを軽く振り、さらにニョクマム数滴
にんにく醤油を小さじ1入れ、これを完全に混ざるまで混ぜまくる

・さぬきうどんが温まったらレンジから出し布を巻いて保温

・丼の生椎茸とトマトをラップしてレンジで800w一分

・丼にさぬきうどんを投入したらすぐ
混ぜた卵をかけ具材によく絡めまくる。

・仕上げにお好み量のパルメザンチーズを追いかけし
お好みでエクストラヴァージンオリーブオイルをかける

いただきますw

DSCF8046

で、
S&Bのシーズニングミックスバジリコ
S&Bのシーズニングミックスペペロンチーノ買ったので、
また作りなおしてみたカルボナーラ風釜玉。
DSCF8048 

前回よりもマジックソルト減らして、シーズニングをタップりぶっかけたら悶絶美味い。
トマトを半分に切っておいたり、ニラとオクラも入れてみました。
でラップして野菜を電子レンジで温めるのを先にやっておいて
うどんが温め終わった、ラップを外して温野菜に投入して準備しておいたまぜ卵と混ぜくる感じです。
DSCF8047


カテゴリー:食事と日常

しじみ汁は美味い

下ごしらえに時間をかけたしじみ汁が出来ました。
お椀の汚れを拭う前にとった画像が
湯気を捉えていて美味そうなので結局コレをアップすることに。
1965031_588192617937419_844206437_n

事前にガシガシと殻の汚れを落とし、半日の間に何度も水を変えて砂抜きし
ゆっくりと冷凍してオルニチンの分泌を促してから
凍ったまま熱湯に放り込んで一気に温め蓋を開かせ
アクを丁寧に取り除いてから味噌を溶き入れ…と、手間をかけました。

600グラム位のしじみを大鍋で作ったので
後半になればなるほど、味に深みが出て相当に美味かったです。

食べ終わったしじみは、フォークで全部集めて
にんにく醤油漬けにしておつまみや炒めものの隠し味に使いました。
うんめぇ

カテゴリー:食事と日常

うちのチャーシューレシピです

数年前に某社の知人に聞かれたレシピが出てきたので投下。
ウチのインチキチャーシューのレシピです

■材料
・豚ブロック
バラ・モモ・ロースなんでも大丈夫です
普通にお店に網がかけてある肉を買えばOKかと
・太ネギの青い部分 ショウガ一カケ(皮をむいてスライス)
ニンニク一個(皮をむいてスライス)
・調味液
醤油、砂糖、みりん、料理酒

■煮豚を作ります
肉の下ごしらえに
全体にフォークで穴をあけまくる
特に油の部分は念入りに。
バラ肉の場合は御好みで、
フォーク処理の後に→フライパンで全体を軽く焼き締め
油抜きをします(におい消しにも効果的)
鍋底に昆布(出汁取り用の)を入れ下敷きにします
ネギ、ショウガ、ニンニク、肉を入れ水を注ぎます。
(水は肉が浸かるくらいの量)
肉を入れた後、上から
かつおだし・わかめだし・中華スープの素(それぞれ袋の半分~三分の一御好みで)
を振りかけ、肉を軽くまわして顆粒を溶かしつつなじませ火を点けます。
中火でことこと煮える感じで一時間(吹きこぼれない様に)
アクはこまめに取ります(前半20分くらいでで取りきる様にマメにチェック)
(時折火を強めにすると、気持ちよく取れますが、ちょっと肉が硬くなります)
途中、肉を半回転ずつ回して
まんべんなく火を通します
アク取りで水が減ってもなにも足さないでください
(蓋をすれば大丈夫なはず)
どうしても足りない時は、料理酒かみりん+御湯で

■漬け汁を作っておきます。
醤油1:みりん1:酒3:砂糖さらっと
(みりんが甘いので、そんなに砂糖は必要ない気が)
酒→料理酒(本物)
みりん→本物
どちらも本物を使います、
醸造用アルコールとか香料とか調味液が入った偽物は使いません。
肉が浸か程度の量(1=1.5カップ程度で二個分は作れるかも)
調味液には弱火でことこと、アルコール臭が弱くなるまで煮切ります
一時間経過で、肉が湯で終わりです。
湯から上げて、湯が滴ってても気にせず調味液に入れます。
そのまま2~3時間漬けますが
途中、肉を半回転ずつ回して
まんべんなく味をしみ込ませます。
無理な時は、落としブタで肉を押さえておけばOKです。

つけ汁にゆで卵を一日漬け込めば素敵な煮玉子になります。
1926772_592214574201890_300705340_n
■豚のゆで汁
ゆで汁は網で濾して、簡単な調味料を入れれば美味しい黄金スープとなります。
1966821_592214700868544_1060195562_n
うちでは、肉が漬け上がる前のお楽しみに
素麺を茹でて水で洗い、水を良く切ってからスープに入れて
楚々と頂きます(日本語おかしいです)
1557714_592214704201877_1482325221_n

■保存と追調理
2~3時間程経ったら付け汁から肉をあげ
冷蔵庫で保存します。
1920429_592214570868557_1190085525_n

必要な分だけ切り分け、熱したフライパンなど(油は引かない)に
乗せて、表面を炙り焼きます。
1901895_592214540868560_1353001806_n
この際、肉を乗せてからは弱火にします。
冬季なら3~4日は持つと思いますが
夏季は保存前に切っておいて
使う分ごとタッパなどに入れ、冷凍して保存した方がいいかもしれません。

あとはラーメン作って、乗せまくりで食いまくります。
10003487_592214954201852_1103945436_n 
1013767_592214567535224_1986531055_n
1382859_592214860868528_1339956004_n
1148804_592214584201889_859184527_n
「塩ラーメン」や「とんこつラーメン」との相性が良いようです。

画像にあります
「もやしのスパイスシー酢漬け」のレシピはまた今度、気が向いた時にでも。

カテゴリー:食事と日常

飯飯美味旨(メシメシウマウマ)

体力的になかなか回復できないのでかなりの久しぶりに、
開店時以来の三十年近い付き合いとなる馴染みのラーメン屋にて
塩チャーシューに餃子といういつものメニューをペロリ完食。
(塩ブームが来る随分前から頂いております)
DSCF6586
DSCF6587

この御店の店長兼料理長(w)さんとは
暖簾分けまえの店で以前に何度もお会いしていて
開店時に来店した時から「あ!」「お?!」で仲良くさせていただいてはいますが
調理~食事までの間の殺伐とした雑談の付き合い程度という
個人的には好きな距離感での関係が心地よく
結局こういう店に通うものよね人は、と思ってしまいます。

地元のカレー店ともそういう付き合いが出来ており
人付き合いが苦手な私にしては、珍しいなと思うばかりです。

カテゴリー:食事と日常

牡蠣の炊き込みご飯など

いただきものの冷凍広島産牡蠣で
炊き込みご飯を作りました。

DSCF6082
ごろっごろ
DSCF6083

お吸い物と一緒に、いただきます。
炙り煮豚もこのあとおかずに加えましたが。
なんか食べているうちに、おせちを食っている気分に…w
DSCF6090
おこげを乗せたり…
DSCF6091
三つ葉を乗せて彩りを…
DSCF6092
誕生日のプレゼントには消え物が一番だなと
思わざるをえない瞬間です。

カテゴリー:食事と日常, SOHOな日々

連休唯一のお出かけ

幾度となくその姿を見てばかりだった
葛西臨海公園の観覧車に乗ってまいりました。

昨年お台場の観覧車に乗ったので
東京臨海観覧車二大巨頭は制覇したと
今頃誇るとか大笑ですが。

DSCF2145
DSCF2146 
かなり風が強かったけど
あんな状況でも営業するのな・・・とちょっとびっくり
DSCF2126 
デジカメ開放にするとこんなに揺れるのは私の腕のせいだけじゃないと思いたいw

カテゴリー:食事と日常