ホーム > ゲーム四方山, SOHOな日々, 妙なアイテム > レトロフリークさん襲来

レトロフリークさん襲来

運よく初回生産分の予約ができたので
無事届きましたレトロフリーク(以下レトフリ) アマゾン限定カラー&コントローラアダプタ同梱版
後になって黒レトフリが発表されて、メガドライバー的に軽くグヌヌってるんですが…
さておき。
ちょっと前の画像ですが、
1
こんな感じにアナログ実機を持ってて、
FCとPCE以外はS端子接続と、それなりに性能の良いブラウン管でプレイする環境持ってるから、
別に必要ないっちゃ必要ないんですが、
HDMI出力なマルチドライブゲーム機レトロン5に乗り遅れたこともあり、
予約できたんで買っただけだったりはするのです。
そんなに前向きに楽しみにしていたわけでもないのです。

うちでは50とか100とかのインチサイズでのプレイをメイン環境にしておりますが
そちらではさすがにアナログ環境な実機を接続することはほぼ滅多になく、
PS3でPCEアーカイブスで遊んだりしている状態です。

なので今や完全に主流になりほぼすべてがHDMI端子環境となったご時世に
気軽に接続できる(うちの様々な環境で遊べる)というのは便利で良い、これがモチベーションでした。

さて長い前置きはさておき
ざっと自分なりの感想をば。

一番いいわねと思った点は、全てのハードのゲームを
ファイティングパッド6Bで遊べる。これだわ!
セガのメガドライブが天下を統一した気分を味わえるのがもう
恐悦至極ですよ、局地ですよ。

という脳汁垂らしたアホな発言はさておき…
上記、現在のメイン環境でも「気軽にサクッと遊べる」という点においては
レトフリ便利で、今の時代に即したものですね。
(立場的に仕様がグレー(ブラック)でなければ…)
こんな感じにプロジェクタで…
CSoD6W1U8AA2EDw
こんな感じにディスプレイで…
CSoaXbqUwAA5R1T
なお、大画面16:9で遊ぶGBサーガイアが、思った以上に
メガドラダライアスⅡ・GBAダライアスRより、妙にダライアス感が出ますのでお試しくださいw

※アスペクトやドットの滑らかさは、いろいろといじれるようになっていますが
結局、滑らか機能はオフにして、アスペクトはノーマルが一番しっくりきますね。

ざっと遊んでみた感じ、スプライトの横並び制限解除とかの機能はないのがちょと残念
(それつけちゃうと、PCEとPCESGの違いが出なくなるからかもね)
GBとFCのチラチラ感も懐かしいといえば懐かしいんでしょうが。

さてコントローラですが
CSo6-vgVEAAGPv2
これらのUSBコントローラと、PSコン変換アダプタでPSコンと、うわさ通りにPS3のコントローラが
USB有線ケーブル環境なら使えますね。
PS3のは赤い4つのパイロットランプがチッカンチッカン点滅しっぱなしで鬱陶しいですが
まあプレイ中は手元はあまり見ないですし、気にはならないでしょう。
というわけで延長ケーブル買って、バッファローのこういう奴で操作するのが
正解かもしれませんね、とはいえ、これら対応実機以外のコントローラだと
プレイメニュー表示のためのショートカット操作を
いちいち設定しなければならないのが面倒なところかと思います。
わがまま言えばデフォルトのコントローラが
無線(遅延少ない)ならさらに良かったかもと思います。
オリジナルコントローラが使えるという最大の魅力が
逆に今時の大型過ぎるテレビから離れられない為
有線はちょっと面倒な印象が、際立ってしまいます。

さてソフトですが
認識しないかも動かないかもと不安でしたが、
下駄を履かせばNESのカートリッジもちゃんと動きました。
CSoVmgcUAAAmX5G
一先ず安心だけど、これ抜き差しがすっげえ怖いですわ。
ミシミシバキバキ…って…一部の方は端子が欠落したり曲がったりといった
悲惨な状態に陥っている様子です。
この辺は国内メーカーだから、サポートとかはしっかりしてくれるでしょう所が
安心なポイントといえば安心な点ですかね。
発売日に、本体のバージョンアップもされましたし。

なおニンテンドーパワーのカセットは認識しませんね。
持っているけど危険が怖いので試してないけど、サテラビューカートリッジも多分だめ。
どっちも、不正が有った場合に自動的に消去するらしいので心配です。

ちなみに話題になってるSFCデザエモンの
データが消えるのは、ハードの相性でも何でも無く
コピー防止のプログラムが仕込んであるからです。

しかし
本日だけでものすごい量の綿棒を消費しました
つい数ヶ月前に遊んだばかりの
NESの端子をアルコール+綿棒で拭いたらこんなことになってました。
CSoObliVEAAeB5V
最高の酸化触媒である酸素は、早いとこ地球全土から駆逐せねばとオッサン戦慄です(バカ)。

これアルコール着けてキャプテンスカイホークの端子部を、一回さらと拭っただけですからね。
↓こういうゲーム

ここからは勝手な推測ですが
一部ネットの情報では
GGやマスターシステム(FM音源のON/OFF含め)にも既に対応しているとか言う話ですし
対応機能の表示部が大きくて下に大きな空欄があることや
USB端子が3つも用意されているところを鑑みるに
たぶんまだまだ対応ハードは増えていくんじゃないでしょうか。
おそらく海外で出すVerは海外のみのハード対応とかをしてもおかしくない気もします。

32Xやネオジオ、ワンダースワンにネオポケ(どちらもカラー含め)はやりかねません。
USB端子に外付けDVDドライブを接続させてCDRomのソフトが動くようになったらもう無敵でしょうね。
個人的には特にファミコンディスクシステムに対応して欲しいところです。

意外や楽しめるおもちゃになりましたよ。
壊れやすいのだけは簡便ですが、なんとかだましだまし大切に使っていきたいと思います。

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。